SE転職Bombardリミテーション

【SE転職Bombard】

SE転職Bombardリミテーション
TOP PAGE >

SEとして働くことと福利厚生面

SEとしてギリギリの現場で働いているとどうしても福利厚生面が気になってくるものです。一生懸命働いている自分の身体をいたわり、少し休みたいと考えるのは自然な流れではないかと思います。

と言っても賃金や福利厚生の向上を求めたりとか、今の開発プロジェクトがやりがいがない、と考え、じゃあどうする?それならばと、SEプログラマー転職を、それも有名企業の求人を計画している人も最近特に多いと言われます。中途採用がなかなか決定しない場合は、焦ると逆効果です。まず冷静になってどうして仕事が決まらないのかを広い視野で考えてみることです。また意外と無視できないのがリフレッシュの効果です。

面接の場において聞かれないことがない質問は、どの会社でもほぼ定番化されてるとも言え、直近の勤め先について辞めた理由と、「当社を選んだ理由」というもので間違いないです。

履歴書というものの書き方や仕上げ方ですが、直近にいた会社を含めて業務の中身やプロジェクトの内容、会社の業績にどう貢献してきたのか、冷静に判断してどのような貢献をしてきたのかを明確に書くことがポイントです。
大手か社内SEを目指す転職

システムエンジニアの仕事と別の業種での仕事について

さて、これまでシステムエンジニアとして働いてきたものの、別の業界で働きたいという気持ちを持つこともあるかもしれません。それが当たり前のことなのかどうかは分かりにくいところですが、自分の気持ちに真っ直ぐ向きあうというのは必要なことです。

今までとは別の業種を目指すときには、半年経ってもSE転職先がみつからないというケースがあるでしょう。歳をとってから転職を考え始めたのではないなら経験がなくても受け入れてもらえるなどと小耳にはさむこともありますが、それも、20代までに見ることが許されている夢ではないでしょうか。

まあ、人手をいつも欲しているような業種に目星をつけているのであれば労働条件という概念は放棄することになりますがエンジニア転職というハードルを乗り越える日が近付くことでしょう。まずは、どうすれば人事や採用の担当者にアピールすることに成功するか、この応募者はうちの会社に来てほしいところだと言わせるかがキーとなります。他の会社へのSE転職を考えるときに業界開発スキルを未保有というケースよりも、転職先で使われるスキルに近い資格を取っているということが有利になりうる、と言えます。

転職活動を始める時にまず記入する履歴書では、職歴を読み手に伝わりやすいように記入しましょう。

これまでの業務内容を把握できれば、どのように職場で強みを発揮できるのか、人事も分かりやすく、採用のきっかけになります。そして、履歴書に用いる写真はかなり大切なので、街角の写真ボックスなどではなく、撮影スタジオで、撮ってもらうのが良い、と言われています。

写真撮影のプロにお願いするということですね。ITのプロであるシステムエンジニアであるからこそ、写真を撮影する際には写真撮影のプロにお願いするということも自然に行われるのだと思いますね。

多少根はありますが、それでも良い職場が決まって気持ちよく働けると考えたら、写真代などはエンジニアにとって大した出費ではないもの、という見方もできるのではないでしょうか。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 SE転職Bombardリミテーション All Rights Reserved.

ページの先頭へ
SE転職Bombardリミテーション